偏頭痛を解消するならサプリメントがベスト

男女

二つの違い

錠剤

クロレラやスピルリナなどの似たような食品がありますが、違いについてしっかりと理解している方は少ないと言えるでしょう。今回はこの二つの食品の違いについてお教えしていきます。まず、クロレラは緑藻類に分類されており、スピルリナは藍藻類に分類されるのです。形状も異なっており、前者は球体なのに対して後者は名前の通り螺旋状になっています。色は前者が緑色で、後者が藍緑色です。細胞にも違いがあり、前者は単細胞ですが後者は多細胞なのが特徴になります。細胞壁も単細胞の前者は厚くて硬いのですが、多細胞の後者は薄くて柔らかいのが特徴です。消化吸収についても違いがあります。クロレラは細胞壁が厚くて硬いため、2時間で65パーセント程の消化吸収に留まりますが細胞壁が薄くて柔らかいスピルリナは2時間で95パーセントの消化吸収が可能です。便の色も前者が緑便になりやすいのに比べて、後者は緑便になりにくいでしょう。基本的にどちらも錠剤を利用することが多いですが、粒の風味について前者は抹茶に似た風味がします。後者は海苔に似た風味がするでしょう。基本的に培養池にも違いがあります。クロレラは弱酸性の培養池で育つのに対してスピルリナは強アルカリ性の培養池で培養されるのです。そのため、アルカリ度も前者はあるのが20から25の酸性食品なのに対して、後者はアルカリ度40から45のアルカリ度食品になります。成分について殆ど変わりはありませんが、クロロフィルの含有量はクロレラの方がスピルリナよりも多いのが特徴でしょう。